LINEで送る
Pocket

この記事は 約 1 55 で読めます

世間にスマホが普及して便利になっていく傍ら、手汗がひどく画面に触れても全く反応しなかったり、誤作動を起こすなんてこともあります。

ちなみに私もその一人です…。

スマホアプリでゲームをしていても、ここぞという時に反応しないということもちらほら…。

おまけに電話がかかってきても出ることが出来ず、結局折り返さないといけないなんてこともあります。

スマホが反応してくれないと不便だし、ぶっちゃけイライラしますよね?

そこでこの記事では、手汗のせいでスマホが反応しないときの対処方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

手汗でスマホが使えない…そんな時にオススメのグッズ

スマホ対応の手袋

最近はよく見かけるようになりましたよね。

電導性の手袋を使用することで反応しない・誤作動といったトラブルを解消してくれます。

冬場などは防寒にもなり大活躍ですが、夏などの暑い季節ではちょっとキツいですよね…。

そんな時は指サックタイプのものがあるので、そちらを使うと良いです。

タッチペン

指で直接触れずに操作が可能なタッチペン。

今では100円ショップでも販売していますし、失くしてしまいそうだと不安な場合でも、イヤホンジャックに差しておけるタイプのものがあります。

デザインも様々なものが用意されているのでスマホにアクセサリーをつけてあげる感覚で使ってみるのもいいかもしれません。

タッチペンの最大のメリットは、指紋を一切つけずに使えることです。

キレイなまま使うことが出来るのでとても衛生的ですね!

そしてスマホアプリでゲームをやっていると細かい部分をピンポイントで操作ができるので誤操作がなくなるというメリットもあります。

メールやLINEで文字変換をしようとして、誤って送信してしまった!なんてこともなくなるでしょう。

液晶保護シート

未だに手汗用の保護フィルムは販売されていませんが、素材が厚めのフィルムで代用可能です。

汗が静電気を流してしまい反応しない・誤作動を起こしてしまった状態を、保護フィルムを貼ることにより、静電気が直接流れることがなくなるので誤作動が減少します。
※絶対効果があるものではありません。

最近だと薄めの保護フィルムが多くなってきていますが、なるべく厚いもののほうが効果が高いです。

特にガラスフィルムや衝撃吸収フィルムがおすすめです。

手汗用の制汗剤

どうしても指でスマホを触りたいという場合は、手汗用の制汗剤を使うという手段もあります。

手汗用の制汗剤の種類にはパウダータイプ、ローションタイプがあり、どれもすぐに効果が期待できるでしょう。

精密機械に触れるということを考えるとパウダータイプのほうが良さそうですね!

ですが、注意しておきたいのが成分です。

制汗剤によっては効果が強く、肌にかなりの負担がかかるものもあるので、なるべく肌に優しいタイプの制汗剤を選んで使うことをおすすめします。

SPONSORED LINK

根本的な解決はしっかりとした治療を!

いかがでしたか?

なにか参考になるものはありましたでしょうか?

先ほど紹介したものはあくまで対処方法であって、解決策ではありません。

手汗の症状を治すには一度、病院でしっかりと診断・治療してもらうのが最善策です。

長期間放置せず、なるべく早めに病院で診てもらってくださいね!

手汗のスマホトラブルまとめ

今回は4つの対処方法を紹介させてもらいました。

私個人の感想としてはタッチペンを使うか手汗用の制汗剤がいいなと思います。

手袋や指サックは便利なのですが、脱着がちょっと面倒…。

保護フィルムに関しては期待しすぎてもいけないので、消去法でいくと残った2つがおすすめです!

ただ、制汗剤の場合は消耗品なのでコスパが多少悪いのですが、スマホ以外にも使い道がたくさんあるのであるとかなり便利だと思います。

使うとサラサラになるものが多いし、長時間キープしてくれるのでかなり勝手はいいかなと思い込んでいます(笑)

今回の記事で少しでも参考になったでしょうか?

手汗で何かと嫌な思いをしがちですが、負けずに頑張っていきましょう!!

そして、スマホでもそのうち手汗対策フィルムが発売されるのを信じています…!

The following two tabs change content below.
管理人ゆうこ

管理人ゆうこ

私も以前までは本当に手汗に悩んでいました。「人に気持ち悪いと思われてしまったらどうしよう…」と一人で思い詰めて泣いていたこともあります。でも、手汗の悩みは思ったよりもかんたんに解消できるという事に気が付き、今では毎日が楽しいです。私と同じ悩みを抱えている方は、このサイトを参考にコンプレックスを解消してみてくださいね。