LINEで送る
Pocket

この記事は 約 6 57 で読めます


辛い手汗…。

しかも追い打ちをかけるように手に湿疹ができて痒い…。

手にできる湿疹の原因は手汗によるものが多いのです。

なんで手汗でこんなに悩まないといけないの?

と、思うかもしれませんが、こちらの記事では手にできる湿疹と手汗の関係性や原因、対策方法などをご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

手足にできた湿疹や水ぶくれは何が原因?水虫との違いは?

手足に出来る湿疹や水ぶくれは非常にかゆいのが特徴です。

細かい水泡がぶつぶつに伴って出来ることもあり、見た感じが一見水虫と似ているように感じられます。

水虫も湿疹もジュクジュクとした状態が続き、水泡が出来た箇所が乾燥し皮膚がぼろぼろと剥がれ落ちてきます。

このように、手足の湿疹と水虫は症状がとても良く似ているので見分けが難しいことがあります。

手足にできた湿疹はいくつか種類があり、その原因も様々な物があります。

たとえば、手足に細かい透明な水泡が出来てかゆくなる汗疱という症状があります。

手足に良く汗をかく人に多いと言われる疾患で、毎年同じような時期に出来ることが多いといわれています。

一週間ぐらいたつと皮がむけて治癒していきます。

他に代表的な手足の湿疹にアトピー性の皮膚炎があります。

本来なら異物を攻撃するための体の免疫システムが過剰に働いてしまうのがアレルギー性の疾患で、アトピー性皮膚炎はその典型的な症状です。

手足に細かい水泡やただれができ、非常にかゆみが強いのが特徴です。

他にも、ゴムやアクセサリー、洗剤などによる接触性皮膚炎で湿疹を発症することもあります。

また細菌に感染することで、そこをかきむしって炎症が起きたり、寒さにより手があかぎれやひびができて水ぶくれになることもあります。

これらの湿疹は他人にうつすことは全くありません。

一方、かゆみ、水泡と言った症状は似ているもののまったく原因が違うのが水虫です。

水虫は白癬菌というカビに感染することが原因でおこります。

足の裏や指と指の間の又の間の部分にできることが多く、靴下などで足が蒸れると余計に悪化します。

水虫ははじめはかゆみが無いことが多いのですが、病状が進行するにつれ次第にかゆみがひどくなり、やがてかきむしってしまうようになります。

ときには、かかとや足の裏など硬くなって角質層が厚いところにもできることがあります。

湿疹と違って水虫は他人に感染させることがあります。

また、手足の湿疹は両方の手足に出ることが多いのですが、水虫は片手片足に発症することが多い傾向にあります。

しかし、必ずしも当てはまらない場合があり、これだけで決定的な違いを見分けることはできません。

最終的には病院で皮膚に白癬菌が存在しているかどうか検査してもらうことが決め手になります。

検査方法としては白癬菌が要ると思われる皮膚の角質層を採取して、顕微鏡で観察することで見分けがつきます。

絶対NG!水泡をつぶしてはダメ!汗疱性湿疹の原因に…!

手足に細かい透明な水泡ができることがあります。

この透明な水泡を汗疱と呼んでいます。

汗っかきに多いといわれる汗疱ですが、はっきりした原因はまだわかっていません。

汗疱ができるととても気になって水泡をつぶしたり、ひっかいたりしてしまうことがあります。

特に手に水泡ができるとなにげなく、水泡をつぶしたくなってしまいます。

実はこれは皮膚のために、絶対やってはいけないことなのです。

手足にできた水泡の中身は、透明な汁になっています。それをつぶすと中からジュクジュクとした汁が出てきます。

この汁が他の健康な皮膚につくと、そこがまたかゆくなりそこから、さらなる炎症をおこしてしまいます。

そうして他の皮膚にどんどん炎症が広がってしまうようになってしまいます。

この状態を「飛び火」と呼んでいます。また水泡が出来たところをひっかいたりつぶしたりすることで、湿疹が刺激を受けて余計にかゆくなります。

かゆくなると余計に湿疹がひろがり、症状がひどくなってしまいます。

水泡だけの時なら割と簡単に治療が可能だったものが、湿疹が広がることで治りにくくなってしまいます。

炎症もひどくなり、ただれてしまい赤みやぶつぶつが余計にひどくなります。

水泡ができたところの皮膚が剥がれ落ち、治るとふたたび水泡ができる、この状態を繰り返すようになります。

こうなるとかゆいのでまたかく、かくのでまたかゆみがひどくなる、どんどん治りにくくなる、といった悪循環に陥り、ますます湿疹がひどくなり、汗疱性湿疹もしくは異汗性湿疹とよばれる状態になります。

さらにひどくなると潰瘍のような状態になったり、血が出たりすることがあります。

あかぎれのようになり、皮膚が裂けて切れてしまうと水がしみて非常に痛くなります。

やがて、そこから細菌感染を起こしてしまうことがあり、化膿してしまうこともあります。

このようにひどくなった状態で放置してしまうと、自然に治ることはとても難しく、皮膚科で適切な治療が必要になってきます。

重症化すると、夜寝ていてもかゆみを感じて熟睡できないという状態になり、日常生活に支障をきたすことさえ考えられます。

このように重症化してしまうと、治癒までにしばらく時間がかかることがあり、たとえ治っても患部に跡が残ってしまう可能性もあります。

水泡やただれは見た目にもあまり良いものではなく、一刻も早く治したいものですが、重症化した湿疹は簡単に治るのが難しく、長期の治療が必要になってしまいます。

もともと、水泡が出来る皮膚は患部のバリア能力が弱ってしまっています。

そのため、そこには雑菌などに非常に感染しやすい状態にあるのです。

ちょっとした刺激でとてもかゆくなるだけでなく、弱った皮膚に穴があいたり、裂け目ができやすくなっています。

そのため、そこから細菌感染の危険が非常に高いので、水泡を絶対につぶしたりしてはいけません。

特に手の指、爪の周辺は雑菌が多いので要注意です。

中でも汗をかきやすい人は特に要注意で、水泡が出来ないように対策を考える必要があります。

たとえば、足が蒸れやすい夏場は厚めの靴下や蒸れやすい靴を履かないようにすることが大事です。

通気性の良いサンダルや5本指の靴下などを選び、風通しの良い状態にしておくことが予防や症状の改善にとても重要になります。

また冬も同様で、蒸れやすいブーツや暑い靴下をなるべく避けるようにした方がいいでしょう。もしも手足の水泡が出来てしまった場合は、皮膚科を早めに受診するのが一番ベストの方法です。

そして、自分では水泡に決してさわらないこと、なるべくひっかかないようにすることです。

手の汗疱性湿疹がひどい人は、保湿クリームのこまめなケアが効果的です。

また水泡が悪化してかゆみがひどくならないように、洗い物の際は手袋をすることも必須です。

手の洗剤が手荒れを誘発し、かゆみを悪化させることもあります。繰り返しになりますが、水泡はさわらないこと、つぶさないこと、ひっかかないこと、これがとても大事です。

ジュクジュクとした状態になったときは早めに皮膚科で治療を開始しましょう。

皮膚科ではステロイド剤などを処方します。正しい使い方で早めの治癒を目指しましょう。

SPONSORED LINK

症状の改善のためのポイントとは?治療と対策、予防方法について

汗疱性湿疹や異汗性湿疹、水虫など、手足に出来る湿疹は原因が多岐にわたり、対策や予防方法もいろいろな事が考えられます。

たとえば精神的ストレスやたばこ、睡眠不足も手足の湿疹にかなり影響してくると言われています。

生活上のストレスは自律神経を狂わせてしまい、免疫機能を低下させてしまいます。

またタバコもニコチンが血流を悪くし、血管を収縮させてしまいます。

たばこを吸うことで、体内のビタミンCも大量に消費し、皮膚の湿疹だけでなく生活習慣病などを発症しやすくなってしまいます。

皮膚の状態は全身の健康と大いにかかわりがあります。

湿疹が治らない場合は、生活習慣の見直しが必要になります。

たとえば、肌に合わない洗剤をつかったりしていないか、シャンプーも手の湿疹を悪化させる一因になります。

洗い物の量が多いとそれだけ、洗剤や水に触れる時間が長くなるので、手の湿疹が悪化するリスクが高くなります。

特に揚げ物を良く作る家庭では、それだけお皿をあらう手間や時間がかかるので、要注意です。

また水仕事の後、保湿クリームを使わないことも症状の悪化を招きます。

水仕事のあとは、手の指が乾燥しやすくなるので、手の荒れを招きます。

家事の後は必ず保湿クリームをつける習慣をすることで、手の湿疹の予防や改善にもつながります。

また夜寝る時に綿の手袋をはめて寝ると保湿効果が高まり、症状の改善が期待できます。

だいたい1日5~6回保湿クリームを使うようにしたいものです。

洗い物や洗濯物をして、手が濡れた後は必ず保湿クリームを使いましょう。

また洗い物をするときのゴム手袋も、手荒れや手湿疹の原因となることがあるので、ゴム手袋の下に薄いビニール手袋をはめるとよいでしょう。

手足の湿疹に特にお湯はよくありません。皮膚の乾燥を招いてしまいます。

家事の際はしっかりと手を保護して、お湯や水から手を守ってあげましょう。

また、意外に気が付かないことですが、新聞などの紙とインクによって手が荒れることもあります。

掃除機をかけた時のほこりが原因で、アレルギー反応を起こし、手指の湿疹を起こすことさえあります。

ほかには、布団や衣服を触ったときの布によるアレルギーということもあります。

またぞうきんがけをしたときの、雑菌が含まれたぞうきんにより、手湿疹をおこすことも考えられます。

さらには、あくの強い野菜、たとえばトマトやナス、キュウリなどが原因で手が荒れてしまうことさえあるのです。

こうしたトラブルを避けるためには、家事をする前のひと手間が大事になってきます。

水仕事の前には必ずハンドクリームを使う、水仕事が終わったらハンドクリームで保護しておくということはとても大切な習慣になります。

また乾燥も手足の指の湿疹にはよくありません。

特に冬、ストーブやこたつなど乾燥がしやすい環境にあると、湿疹がひどくなる傾向にあります。

こうした環境を改善するためには、たとえば加湿器を使う、濡れた洗濯物を干す、などの対策が必要になります。

手の湿疹対策に特効薬はありません。汗疱性湿疹では汗の対策も大事な課題になってきます。

手足の湿疹を悪化させないためには、汗をかいたらこまめにふくことが重要です。

汗をかいたら、ハンカチやタオルで拭き取る、汗は早めに洗い流すようにする、などの日ごろのケアがとても意味を持ちます。

こうした日常生活のひとつひとつの積み重ねが、改善や予防につながっていきます。

ハンドクリームを常に持ち歩き、水で手を洗ったらさっと保湿クリームを塗るようにするとよいでしょう。

さらに大事なことは、適切な薬の使用です。

手指の湿疹症状が改善するためには、病院で処方された薬を根気よく続けることが大切になってきます。

異汗性湿疹や汗疱性湿疹の治療ではステロイド剤が処方されます。

ステロイド剤を使うと顔が丸くなる(ムーンフェイス)、皮膚が薄くなるなどの副作用があるといわれ、ステロイド剤を服用することに抵抗がある人もかなりいます。

しかし、医者の指示の元で正しく使う分には副作用を心配する必要はありません。

むしろ中途半端な使い方をすることで、症状の悪化を招く危険性があります。

またアレルギーが原因の汗疱性湿疹や異汗性湿疹では、抗アレルギー剤が処方されることもあります。

このようなお薬の組み合わせを続けることで徐々に症状が治まっていくと期待されます。

特に慢性化した湿疹の場合はすぐに完治が期待できないことが多く、時間も費用もかかってしまいます。

しかし、途中で放置したり、治療を止めたりすると治ることが難しくなってしまいます。

とくに汗疱性湿疹や異汗性湿疹と似ている掌蹠膿疱症は治癒に時間がかかる場合が多いので、非常にやっかいです。

しかし、日常生活の原因をひとつひとつつきとめて、改善につなげていくことで症状の改善が期待できます。

見た目も気になり、一刻も早く治したいところですが、あせらずにじっくり治療していくことが重要です。

汗疱性湿疹や異汗性湿疹とよく似た病気ってある?

汗疱性湿疹や異汗性湿疹とよく似た病気に掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)があります。

掌蹠膿疱症は、手のひらや足の裏に膿をもった小さな水ぶくれがブツブツとできる慢性の皮膚の病気です。

汗疱性湿疹や異汗性湿疹と比べて、どちらも小さな水ぶくれができるという点がとても良く似ていますが、全く違う病気です。

掌蹠膿疱症にり患した際にできる水ぶくれは汗疱性湿疹や異汗性湿疹の水ぶくれに比べ若干大きく3mm前後あります。

汗疱性湿疹や異汗性湿疹の水泡は1mm前後です。

そして決定的な違いは水泡の中身です。汗疱性湿疹や異汗性湿疹の水泡は中には透明な汗が詰まっています。

しかし掌蹠膿疱症の水泡の中身は膿であり、色も白色から黄色を呈しています。

このような水泡が次々と出来て、やがては茶褐色になります。

茶褐色になったあとかさぶたは剥がれ落ちて、赤い炎症が残ります。

かゆみはある場合とない場合があり、個人差があります。足のかかとや土踏まずにもできることがあります。

さらに汗疱性湿疹や異汗性湿疹と違うのは、掌蹠膿疱症では合併症を伴うことがあるということです。首や肩、胸や腰の関節が痛くなったり、爪が変形してしまうこともあります。

激しい痛みを伴うケースもあり、整形外科やリウマチの専門医と協力して治療に当たることもあります。

水泡が出来る時に皮膚の違和感を感じる人もいます。長い間この症状を繰り返し、慢性化してしまう人もいます。

掌蹠膿疱症の原因はまだよくわかっていませんが、なんらかの細菌感染で発症するとも言われています。

特に金属アレルギーなどがあると発症しやすいことがわかっています。

他に、掌蹠膿疱症や汗疱性湿疹や異汗性湿疹と似ている病気に手白癬があります。

手白癬は手に出来る水虫ですが、皮膚の角質が厚くなり、剥がれ落ちる鱗屑という状態になることがあります。

最初はどれもよく似ている症状なので、診断を誤り、間違った治療をしてしまうことがあります。

手白癬ではそれほどかゆみがないのが特徴です。

たとえば手白癬と汗疱性湿疹や異汗性湿疹が良く似ている為、手白癬にステロイド剤を投与してしまうことがあります。

水虫にステロイド剤はきかないので、水虫がますます悪化してしまうケースもあります。

手白癬の場合は白癬菌を退治するために、抗真菌薬を服用します。

掌蹠膿疱症ではステロイド外用薬と、ナローバンドなどの光線療法を合わせて行うことで効果をあげることができます。

まとめ

汗疱性湿疹や異汗性湿疹、水虫、掌蹠膿疱症は最初はどれも症状がとても良く似ています。

そのため自己判断で勝手に症状を決めつけて薬を使うと、症状が治らないばかりかますます悪化してしまう危険性があります。

手湿疹一つとっても色々なタイプがあって、治療法や使う薬の種類も異なってきます。

さらに大事なことは、もし水泡が手足に出来ても、決してつぶしたりひっかいたりしないことです。

そして、できるだけ早く皮膚科で診察をしてもらうことがとても大切になります。

早期治療が皮膚の疾患を慢性化しないためにはとても重要なのです。

水泡が手足に出来る病気にはいろいろなタイプのものがあることをあらかじめ知っておくと、病気の診断や治療に役立つことが期待できます。

The following two tabs change content below.
管理人ゆうこ

管理人ゆうこ

私も以前までは本当に手汗に悩んでいました。「人に気持ち悪いと思われてしまったらどうしよう…」と一人で思い詰めて泣いていたこともあります。でも、手汗の悩みは思ったよりもかんたんに解消できるという事に気が付き、今では毎日が楽しいです。私と同じ悩みを抱えている方は、このサイトを参考にコンプレックスを解消してみてくださいね。