LINEで送る
Pocket

この記事は 約 6 0 で読めます

手汗を治して手をつなぎたい

手汗を改善したいと思ってこのサイトを読んでくださっているあなた。

あなたは一体いつ頃から、自分自身の手汗について思い悩んできたのでしょうか。

思春期を迎えて、自分以外の人と自分のことを比べるようになった時期でしょうか?

それとももっと小さく、物心ついた頃にはすでに手汗で悩んでいたりしましたか?

今まで手汗についてたくさん悩んだこと、本当に心が苦しかったことだろうと思います。

手汗について悩んだ期間が長かろうと短かろうと、1人ひとりが抱える手汗の悩みはそれぞれの状況に合わせて深く、そして重いことだったでしょう。

そんなあなたがこのサイトにたどり着いたということは、あなたは手汗について強く「どうにかしたい!」と思っているはずで、私はここにたどり着いてくださったあなたの手汗の悩みを本気で改善したいと考えています。

多くの手汗改善のためのサイトの中から、このサイトの、このページを選んで読んでくれているあなたの手汗がどうか少しでも改善することを願って。

手汗についての悩み

手汗の悩みは深い

手汗に悩む人の多くは「私は人より手に汗をかきやすい」と幼いうちから自覚していたと言います。

幼稚園くらいの頃は、他の人と手をつなぐ機会もたくさんあり、しかも子どもは「悪気なく」感じたことを口にするので、そこで友だちなどから「〇〇ちゃんの手は濡れているね」と指摘されたという人も多くいます。

それまではさして気にしていなかった自分の手の汗(手の状況)について、家族以外の人から指摘されたことで、そのことが「悪いこと」とか「恥ずかしいこと」のように思え、手汗を気にするようになったという人は多いのです。

他には思春期になって他の人と比較して自分の手汗を気にするようになったとか、自分が扱った紙類が湿気ることを誰かに指摘されたとか、そうしたことが手汗に悩む人の心に一つ一つ傷を残しているということはよく言われることです。

こうして、他の人から指摘をされることで、最初は「体質的」なものだった手汗に「精神的」な原因が加わり手汗を改善することをこじらせてしまったりします。

誰かと触れ合うことへの忌避感から抜け出そう

幼い頃から手汗について悩んできた人はもちろんですが、思春期くらいから手汗に悩んできた人も、手汗に悩むたいていの人は「誰かと触れ合うこと」に消極的です。

友達同士のじゃれあいも、恋人同士の自然なスキンシップも、手をつなぐことというのは「触れ合い」のステップの最初の方にあることです。

こうした初歩の部分で、手汗に悩む人は人との触れ合いに消極的になります。

理由はもちろん、自分の手汗が人に知られるのが嫌だということや、人から自分の手汗について何か言われるのが嫌だということ、そして、自分の手汗が触れ合う相手に嫌な思いをさせるのが嫌だということに尽きます。

ある程度の年齢になると、人間はそれぞれ「完璧ではない」とわかるので、手汗を乗り越えて付き合える関係も築けますが、その域に達するにはそれなりに傷ついたり傷つけたりする過程を経なければなりません。

人間関係というのは色々と行き違いやつまづきを経験しながら深まるものではありますが、手汗という悩みを持つ人は人との深い関りを避けようとするとの、人間関係を深めることが難しくなることも多くあります。

自分の手汗を知ると、相手は自分を嫌いになるのではないか、という思いからなかなか抜け出すことができなくなる人が多いのです。

また自分の手汗のせいで、自分が傷つくのも避けたいという気持ちが働くので、つい人と触れ合うことや一歩関係を深めるようなことについて忌避してしまう傾向があります。

手汗について悩みながらこのページを読んでくださっているあなたはどうでしょうか?

誰かとのスキンシップについて、手汗に悩んでいない人よりは消極的な感じがしませんか?

手汗さえなければとか、誰かと触れ合う時だけでも手汗が気にならないようになれば…とよく考えたりはしませんか?

手汗を止めようとすれば、交感神経を断つような手術をすれば改善はしますが、リターンにはそれ相応のリスクもあります。

ではそうした手術などの方法をとることをしなければ、手汗に悩む人というのは一生手汗の悩みを抱え続けていかなければならないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

大きな治療や投薬をすることを躊躇しているあなたでも、「自分で」手汗をコントロールして、これからの人生をもっと楽しくする方法はあるのです。

手汗の原因について

これまでに少しずつ触れてはきていますが、手汗の原因というのはそもそも体質的な原因であることがほとんどです。

それは手に汗腺が多いとか、交感神経が興奮しやすいということですね。

しかし、手汗というのは「緊張や不安」によっても出てくる(緊張や不安を感じると交感神経が刺激される)ので、初めのうちは体質的な原因によるものだった手汗が、人間関係にもまれるなかで精神的な要素を持ってくる場合も大変多くあります。

手汗をかいて人に指摘されたらどうしよう(不安)、少し緊張する場面で「もっと手汗をかくかも」とドキドキしてしまう(緊張)ということを繰り返すうちに、体質的な原因と精神的な原因が複雑に絡んできてしまうわけです。

ただ、それだけでなく、手汗をかく症状として、ある程度の年齢になってから手汗が気になるようになった人というのは「手汗が増えやすい」他の病気が潜んでいることもあります。

もしあなたがある程度の大人になってから手汗が気になり始めた人であるのであれば、体質や精神的な原因以外に「他の病気による手汗」についても気にかけた方が良いでしょう。

手汗の原因は1度は調べてみるべき

手汗は皮膚科を受診する

小さいころから気にしている手汗というのはほとんどが原発性の手汗なのですが、もしそうでない、他の病気が潜んでいる場合には手汗の症状どうのではなくて、原因となっている病気を治療する必要があります。

ですから、手汗に悩んでこのサイトに来てくださったあなたが、もしまだ自分の手汗に関して1度も病院で診察を受けたことがないというのであれば、1度はぜひ病院へ行くことをおすすめします。

そこで手汗について治療を受けるわけではなくても、原因がわかりさえすれば、その後の対応も変わりますからね。

ただの手汗と思っていたのが、本当は糖尿病とか結核とか、甲状腺の機能亢進などであれば、何よりそちらを治すことを先決しなければなりませんからね。

ちなみに、手汗で病院の診察を受けるなら、最初は皮膚科を診察することをおすすめしますが、大人になってから手汗が気になり始めた人は、皮膚科よりも総合内科などを訪ねてみるのも良いでしょう。

こうした専門家による診断のもと、あなたの手汗が特に他の病気を起因とするものでなく、原発性の手汗だとわかればそこからは自分が手汗とどのように付き合うかを考えていきましょう。

手汗の原因についてはこちらのサイトでも紹介しているのでぜひ目を通してみてください。

手汗との付き合い方

あなたの手汗が病気によるものでなく、汗腺の量や交感神経の興奮などによるものであるのであれば、大きな治療をしなくても「手汗が気になるとき」にだけ対処する方法をとっても日常生活の質はあがります。

例えば「人と触れ合うような時にだけ手汗を防げればそれでいい」とか「仕事で書類を取り扱う時だけ抑えられれば支障がない」「車の運転をするときだけ防げればOK」といった場合には、大変な高額をかけて手術をしたり注射治療をするよりも効果的で体に負担の少ない方法があります。

手汗に悩む多くの人は、実際には「眠っている時には手汗はかかない」とか「リラックスしているときは手汗をかかない」という人です。

ですから、ちょっと緊張して手汗をかきやすい状況さえクリアできれば、その他の場面では「ありのまま」の自分でいられることができるのです。

SPONSORED LINK

手汗をコントロールして楽しい毎日を!

楽しい毎日

先の項では手術や特段の治療をしなくても、手汗をかきやすい状況の時だけ手汗をコントロールできれば、その他はの場合(自分がリラックスしているときなど)については多少手汗をかきやすい体質であっても自分自身ありのままでいられるということをご紹介しました。

さらに手汗というのは体質的+精神的な原因がほとんどで、この「精神的」な原因がかなり大きくかかわってくるものであるので、緊張しやすい時の手汗を抑えることができれば、だんだんと「手汗はコントロールできる」という自信にもつながって、最終的には手汗が一番最初に思い悩んでいた頃より軽くなること言うこともあるのです。

では、手汗をコントロールするために知っておくべきことや試すといいことというのはどんなことなのでしょうか?

手汗に効くツボを知る

このサイトでは手汗を抑えるのに有効なツボを紹介しているページもあるのですが、手汗を抑えるためにはツボを圧すというのが効果的です。

もちろんそれだけで手汗が抑えられるわけではないですが、知っておくといざという時の方法が増えるので心強いですよね。

詳細は手汗に効くツボのページにあるので、そちらをぜひ参照してみてください!

手汗専用の制汗剤(デオドラント)を使用する

ツボのページと同様に、このサイトでは手汗専用の制汗剤を2商品ご紹介しています。

商品名はファリネフレナーラという商品なのですが、これらは昔からあるものではなく、手汗に悩む人のために近年発売開始されたものです。

というのも、手汗に悩む人の多くに聞いてみると、手汗を抑える方法の1つとして「ワキ用」の制汗剤を使ったことがあるという人がかなりいることがわかったのですね。

しかし、ワキ用の制汗剤というのは、手汗の汗腺である「エクリン腺」ではなく、ワキによく存在している「アポクリン腺」という汗腺にむけて作られてる制汗剤なのです。

つまり、ワキ用の制汗剤では手汗を抑えることはほぼできないということ。

ここに注目をしたのがファリネやフレナーラで、どちらも手汗に悩む人がどんな場面で悩んでいて、どんな仕様であれば使いやすいかというのを深くリサーチしてつくられました。

そのため、ファリネはパウダーの粒子の細かさや、パッケージに対する気遣いというのは手汗に悩む人にとってまさに「痒いところに手が届く」ような仕様になっています。

フレナーラはジェルなのにベタつかずに、手汗が出てきてしまう原因をサラっと抑えてくれます。さらにパッケージも化粧品にしか見えなので外でも安心して使うことができます。

ただし、どんな製品でもそうですが、使用法を間違ったりすると効果は少なくなってしまいます。

だからと言って「全然効かないじゃん!」と捨て置くのは待ってくださいね。

ファリネやフレナーラにはしっかりとしたユーザーサポート体制があるので、もし商品を使用して「あれ?効果が感じられない!」と思うことがあればすぐにサポートに連絡をしてみてください。

サポートでは正しい手汗専用デオドラント商品の使い方をしっかり教えてくれますよ。

手汗専用の制汗剤をおすすめするのはワケがある

あなたが手汗を「根本的に」解決したいと思っているのであれば、手汗専用の制汗剤で抑えるだけじゃ不満足!と思うかもしれません。

しかし、手汗を根本的に抑えるにはどうしても交感神経を断つような手術が必要です。

ただこの手術、なんのリスクもなく効果だけが得られるのであらばもっと普及していたと思いませんか?

手汗の手術がどうしてもすべての手汗を悩む人に普及しないのには現在の方法では越えられない壁が存在しているからなのです。

その越えられない壁とは「代償性発汗」。

代償性発汗というのは、手汗でいうなら、手汗を出すように指令を伝えてくる交感神経を断つことで手の汗を減らす「代償」に他の部分に「発汗」が増えることなのです。

もしこの代償性発汗が本人も気にならない程度で、しかもあまり気にならない場所に発汗するのなら良いのですが、例えば顔や頭に代償性発汗が始まり、しかもちょっとのことで多くの汗をかくようになったら、手汗の方がマシだった…と思う人がでてきます。

手汗の手術の弊害で辛い

現実問題として、代償性発汗は手汗の手術をしてみないと「どこに出現するか」わからないので、手汗の手術をした人の中には「手術なんかするんじゃなかった」と思う人もいるわけです。

※気になる方は、手汗の手術のリスクについても一度目を通してみてください。

こうした理由もあり、私は手汗に関しては手術などの方法をとるより制汗剤などでコントロールしながら自分の手汗を克服できる気持ちを作っていく方が「心身にとって」良い方法だと考えます。

リラックスさえしていれば手汗の悩みは少なくなるわけですから、緊張しやすい場面(=手汗が増える場面)での自分の手汗を制汗剤でコントロールして、そして緊張しやすい自分の気持ちも制御できるように鍛えれば、その後の日々は自ずと明るく良いものになっていくでしょう。

さらに、体に負担をかけているわけでもないので不要な心配をすることもありません。

代償性発汗などの心配はもちろんありませんし、何より、「手汗」という悩みをもつあなたのままでいることで、人間関係において「手汗があることなんて気にしないよ」と言ってくれる「本当に一緒にいたい友人・恋人」が見つけられます。

手もつなげるようになる

手汗というのは深い悩みであり、大きなコンプレックスになることであるのは重々承知ではあります。

しかし、そのことをコントロールできたとすれば、あなたはあなたのままでさらに素晴らしい日々を送ることができるはず。

手汗専用のデオドラント剤で手汗をコントロールしたあなたの毎日には、きっと良いことがたくさん待っているでしょう!

The following two tabs change content below.
管理人ゆうこ

管理人ゆうこ

私も以前までは本当に手汗に悩んでいました。「人に気持ち悪いと思われてしまったらどうしよう…」と一人で思い詰めて泣いていたこともあります。でも、手汗の悩みは思ったよりもかんたんに解消できるという事に気が付き、今では毎日が楽しいです。私と同じ悩みを抱えている方は、このサイトを参考にコンプレックスを解消してみてくださいね。