LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

この記事は 約 3 37 で読めます

手汗が気持ち悪い

手汗がひどいと学校生活を送るのにも様々な問題が発生してしまいます。

思春期の学生にとって一番気になるのが「友達から気持ち悪いと思われてしまわないか?」ということですね。

手汗を気にしてポケットに手を入れてみたり、手を後ろで組んで気づかれないようにしてみたり…

そんな風に努力してみても、その場しのぎになるだけで、全くの解決になっていません。

また、授業中は手汗をすぐに拭けるように机の中にハンカチを用意しておいてはいるけど、何度もハンカチを出して手を拭いていたらそれこそ「変な子と思われてしまうのではないか?」という不安まで出てきてしまいますね。

毎日そんな風に手汗のことで悩んでいるうちに、学校生活が楽しくないとまで感じてしまうことも。

手汗に悩んでいるのは自分だけなの?と思って死にたいとまで考えはじめる人も少なくないようです。

でも、大丈夫ですよ!ちゃんと手汗は解消することができます。

そして、あなたのように同じく手汗で悩んでいる学生さんは非常に多いんです。

そんな風にあなたと同じく手汗に悩んでいるひとも、ちゃんと正しく手汗を解消する方法を知ることで手汗の悩みを解決できているので、この記事ではどうしていけばいいのか?についてお伝えしていければと思います。

友達は本当に気持ち悪いと思っている?

もし友達があなたの手汗に気付いている場合は、本当に「気持ち悪い」と思っているのでしょうか?

それは、逆の立場になって考えてみればすぐにわかることです。

例えば、男子の友達でめちゃくちゃすね毛が濃いやつがいたとします。クラスに1人くらいはいますよね?

そういう友達を見て

「うわぁ…気持ち悪いなあ。友達辞めたいかも。」という風に思うでしょうか?

あまりそんな風には思いませんよね。

思ったとしても「あ、すね毛濃いなこいつ」程度のレベルだと思います。

すね毛と手汗は全然違うと思われるかもしれませんが、実は「カラダの悩み」という点では一緒なんです。

だから、普通にしているだけで気持ち悪いと思われることはないので安心してください。

ですが、注意が必要なことがあります。

SPONSORED LINK

手汗にこだわりすぎていると気持ち悪いと思われるかも?

あなたが手汗を気にしている場合は、あまり気にしているそぶりを周りに見せたりとか、何度も話したりしないほうが得策です。

なぜかというと、すね毛が濃い友達が普通にしている分には気持ち悪いとは思いませんが

「おれってすね毛濃くない?気持ち悪くない?大丈夫かな?」と何度も聞いてきたリ、ことあるごとに「おれってすね毛が濃いから…」と言っていたら、ちょっとだけ気持ち悪いですよね。

それはすね毛が気持ち悪いのではなくて、「すね毛を過度に気にしすぎている行動」が気持ち悪いと感じてしまうのです。

手汗に関しても同じことが言えます。

手汗を何度もハンカチで拭いていたり、手を後ろに隠したりポケットに入れていたりしたら、その行動が「おかしいな」と思われてしまうことがあります。

「特にポケットに手を入れる」という行為は、相手に対していい印象を与えるものではないので注意してください。

あなたがもしすでに親に手汗のことを相談してたとしたら

「あまり気にしないのが一番だよ!」と言われているかもしれませんが、気にしないことというのはこういうことを言っているんですね。

ですが、実際に手汗で悩んでいる本人にとっては気にしないなんてことはできないと思います。

ハッキリ言って、悩んでいることなんてその本人にしかツラさはわからないですからね。

私もずっと手汗に悩んできた一人なので、このことについては痛いほど実感していました。

でも、手汗はきっかけがあると全然気にならなくなります。どうしていけばいいのかを詳しく紹介しますね!

まずは手汗を気にしなくてもいい環境を作る

大人であれば、手汗を気にしなくていい環境をある程度自分でつくることもできますが、学生さんは毎日学校に通っているので、プリントを配られたときにプリントが湿ってしまうだとか、本を読んだ時に本がしわしわになってしまうだとか、リアルな実害を感じていることと思うので、これを気にしないというのは難しいことだと思います。

なので、まず一番最初に知っておいてほしいことは「手汗は汚くない」ということです。

汗だから汚いと勘違いしてしまっていたとしたら、それは大きな間違いです。自分の手汗を嗅いでもらうとわかるかと思いますが、変なニオイもしないですよね?

また、手汗が付いて濡れてしまったスマホや本などのニオイも嗅いでみてください。手汗の臭いとかってしませんよね。

これは、手汗は出たばっかりの時には細菌やニオイの元となるような成分、衛生的に問題のある汚い成分というのは一切入っていないからです。

ちょっと雨に降られて水が付いてしまったというのとあまり変わりません。

そして、手汗で濡れてしまったとしても、水分量としてはそんなに多くはないので何かに付着してしまったとしてもすぐに乾きます。すぐに乾くので雑菌が繁殖して臭くなることもありません。

つまり、手汗で不潔になったり汚くなったりすることはないんです!これを一つ覚えておいてくださいね。

これを覚えておくだけでも、友達と握手するときとかに手汗をかいていても相手に汚いものを押し付けたりしているわけではないのでハッキリ言って気持ち悪がられる筋合いなんてないことに気が付くはずです。

それでもあなたは気になってしまうとは思いますが、汚くないということを知っておくだけでも気持ちはかなり楽になるはずです。

それを理解することができたら、あとは何をすべきかというと、「出てくる手汗をどうやって対処するか」ということだけなんです。

出てくる手汗の対処はどうしたらいい?

後は手汗が出てきたときに上手に対処さえすれば、友達から気持ち悪いと思われてしまうこともなくなります。

ハンカチで拭くのも対処法のひとつではありますが、手汗を拭き取っているだけなのでまた出てきちゃいますね。

なので、手汗は「元から断つ」ことがとても大切なんです。

手汗がしばらく出てこない環境をてのひらに作ることができれば、かなり長い時間気にしないですごすことができます。

その方法は、あるアイテムを使います。

手汗を止めてくれるデオドラント剤を使う

手汗が出てきたときに塗るだけでピタッと手汗を止めてくれるような、そんなすごいデオドラント剤が通販で販売されています。

パウダータイプのものを選べば、手汗でびしょびしょの手にそのまま使うこともできます。パウダーが水分を吸収してくれるので、手汗も止まってしばらく手汗が出ない環境をてのひらに作ることができるんです。

こういったデオドラント剤をカバンとか化粧ポーチに忍ばせておいて、休み時間とかにトイレでさっとつけちゃえばOKです。それだけでしばらくは手汗が気にならなくなります。

こうして「手汗が気にならない環境」を長くつくっておくことによって、だんだん手汗のことを気にしなくてもいいようになってきます。

恋愛もそうですが、あとは時間が解決してくれるのをのんびり待つことができます。

若いうちは顔にニキビができやすかったりしますよね?

体が不安定ということもあり手汗が気になってしまうのは実は仕方ないことなんです。

今あなたがやるべきことは、手汗を気にしなくてもいい時間を少しでも増やすことです。そうすることで「友達が自分の手汗を気持ち悪いと思っているかもしれない…」という不安から解放されるようになって、毎日が楽しくなってくるはずです。

薬局などで売ってるような脇の制汗剤ではなく、手汗専用の制汗剤を使うことがポイントなのですが、こういった商品は薬局やデパートでは売っていません。

インターネット通販限定で買える商品なんです。

値段が、脇シュースプレーとかに比べると少し高いので、一度親に相談してみて申し込みを検討するといいでしょう。

「手汗で本当に悩んでいて毎日がツライ」ということと、「友達から気持ち悪いと思われたくない」ということを恥ずかしがらずに一度ちゃんと親に相談してみましょう。

あなたの悩みを解決するために、きっと親は力になってくれるはずですよ!

>>手汗に悩まなくて良くなる<<
>>手汗専用デオドラントランキング<<

The following two tabs change content below.
管理人ゆうこ

管理人ゆうこ

私も以前までは本当に手汗に悩んでいました。「人に気持ち悪いと思われてしまったらどうしよう…」と一人で思い詰めて泣いていたこともあります。でも、手汗の悩みは思ったよりもかんたんに解消できるという事に気が付き、今では毎日が楽しいです。私と同じ悩みを抱えている方は、このサイトを参考にコンプレックスを解消してみてくださいね。